スウィートテラス
index.html top 書庫 オフ活動 ブログ 通販案内 リンク集 連絡先
 愛は甘く狂おしく
    

 



「そうですか、いえ、こちらはいつでも……、ええ、ご検討下さい」

電話口に受話器を戻し、芳人は小さなため息をつく。

一〇の陽射しは穏やかだった
窓の外では銀杏並木が、山吹色に色付き始めている。
青山通りを行く人の装いは、どこか羽根が生えるように軽く、今年は暖冬と聞くので、そのせいだろうか。
ここ葛城店内も、紅葉や山茶花を模す生和菓子が並び、深まる秋の気配を漂わせている。

けれど、客がいないのは、相変わらずだった。
間もなく始まる歳暮の問い合わせも、ほとんどない。
今の電話も、粗品で葛城の菓子を使う取引先からだったが、今後しばらく付き合いを見合わせたいとのことだ。

けれど、それは些少にすぎない。

先日は、伊丹デパートから契約解消を仄めかされた。
四条銀行からは、融資の見直しを求められている。
辛うじて、東條流からの、茶会で使う茶菓子の用命だけは継続中だが、それもいつまでつづくか分からない。

あの日から。

この場所で、孝成たちから不埒な行為を仕掛けられたあの日から。
葛城のおもだつ取引先の感触はすこぶる悪かった。
いかに営業活動しようとも、経営状態はいよいよ差し迫るものになっている。

ガラスケース越しの販売スペースに佇み、芳人はもう一度ため息をついた。
原因を考えれば、あの日のことしか思い浮かばなかった。

『覚えてろ』という孝成の言葉通り、自分が孝成に逆らった仕返しだ。
この状況は、ほぼ一〇〇パーセント間違いなく、彼の報復なのだろう―――と。

東條流の次期家元であるがゆえ、孝成のコネクションは計り知れない。
手回し根回し、葛城を潰すぐらい簡単だろう。

そして、そう考えることは、芳人を屈辱的な気分にする。
あんなことを、当然のごとく要求する孝成に、憎しみにも似る憤りを感じ、報復を仕事に持ち込むやり方に、腹立ちは募るばかりだが。

彼の悪辣なやり方は葛城を追い詰める。
葛城を、芳人を、追い詰めるのだ。

どうして………。

思わずにいられない。
孝成は、どうしてここまで自分へ嫌がらせするのだろう。

嫌っていると、分かるだろうに。
彼も自分に、快い気持ちは一切ないだろうに。

ならば、関わらねばいいものを、こうまで難癖付ける理由が、分からなかった。
由緒ある東條流の次期家元として、新興の葛城を成金だと蔑むのは仕方ないとしても。

身体を好き勝手されたり、仕事を阻害されたりする覚えはないはずなのに―――……。

ガラスケースを拳で叩き、芳人は唇を噛みしめる。

だけど、孝成に屈服するつもりはさらさらなかった。

腹立たしくあっても、その感情に呑まれるほど、芳人は弱くない。
将来、経営に携わる者としてのプライドや芯の強さ、生来の気の強さを持っている。
だから、芳人は、孝成に振り回されぬため、何をするべきかを考える。

孝成にこれ以上詮索されないためにはどうすればいいか―――それには、葛城を、かつての順風満帆な経営状態にするべきだろう。

葛城は、和菓子に色味や視覚インパクトを与えることで、世間の注目を浴びてきた。
けれど、インパクトのあるものは一時の流行になっても、長く人心に定着するのは難しい。

ならば、どうすればいいか。